GIMP2ートーンカーブの使い方

画像編集ソフト GIMP2

画像の全体の色を変える方法を紹介します。

この画像を編集していきます。

 

今回使うのは「トーンカーブ」というツールです。
これは「色」タブの中にあります。

 

これをクリックするとこのようなウィンドウが出てきます。

 

「チャンネル」の「明度」の隣にある下矢印をクリックすると
このようなプルダウンが出てきます。

 

光の三原色は赤・緑・青なのでこの色が入っています。
明度はこの3色を合わせたものです。
そのため結果的に画像の明るさを調整してくれます。

では編集していきましょう。



1、「明度」を変える


「チャンネル」を「明度」にします。
斜めの直線上のどこかの位置をドラッグしてみます。

まずは上にドラッグします。

 

明るくなりましたね。

 

下にドラッグします。

 

暗くなりましたね。

比較してみましょう。


 

2、「赤」を変える

スポンサーリンク

 


「チャンネル」を「赤」にします。
先ほどと同じ作業をします。

比較してみます。

 

 

3、「緑」を変える


先ほどと同じ作業をします。

比較してみます。


 

4、「青」を変える


先ほどと同じ作業をします。

比較してみます。


5、いろいろと編集してみましょう!


まずはこんな感じにセピア調にしてみました。

トーンカーブはこんな感じです。

 

「赤」をグイッと上げて、
「緑」をちょっと上げて、
「青」をちょびーっと下げました。
「明度」はそのままです。

次はショッキングな感じに。

 

トーンカーブはこんな感じです。

 

「赤」をくねくねさせて、
「緑」をにゅっとさせて、
「青」と「明度」はそのままです。

 

6、おわりに


いかがでしたか?
トーンカーブを編集するだけでも
こんなに印象が変わるんです。

今回は「カーブの種類」を「なめらか」で
編集しました。

他に「自由曲線」というものがあります。
こちらはマウスで曲線を描いて
GIMPが処理してくれるものです。

しかし個人的に使いづらいです。
玄人好みのやり方です。

誰しも1度は経験したことがあるでしょう。
パソコンの「ペイント」などのお絵かきツールで
マウスで「鉛筆」を使って線を描いたことが。

トーンカーブがそんな線になります。
そのため思った通りの線が描けないと
画像がイメージに近くならないんです。

なめらか・自由曲線といわず、なんでもそうですが
画像をイメージ通りに仕上げることは
かなり難しいことです。

加えて無料ソフトなので簡単な編集ができません。
例えばちょこっといじるだけで色が変わる!!
みたいな。

慣れるには時間がかかるでしょう。
しかしやってみると面白いので、
どんどん使ってみてください!

次にGIMP2の紹介をするときは
「色相・彩度・輝度」について紹介します。



コメント

タイトルとURLをコピーしました