GIMP2ー自由選択の使い方

画像編集ソフト GIMP2

今回は写真の一部だけ色を変更する方法
を紹介します。

こういう時ありませんか?

・服の色だけ変えたい
・肌だけ白くor黒くしたい
・髪の色だけ変えたいetc…

周りの色を変えずに一か所だけ色を変更したい時
ありますよね。

でも「色相・輝度・彩度」で編集すると
変えたくないところまで色が変わってしまう。

そんなお悩みをGIMP2で解決しちゃいましょう!

GIMP2でできます。

今回は左の写真を右のように編集します。

どのように編集したかというと、

1、明るさ・コントラストを上げる
2、肌周りだけを「自由選択」で選択する
3、選択した部分の色相・輝度・彩度を変える

ということをしています。

1の詳しいやり方については以下の記事をご覧ください

GIMP2ー明るさ・コントラストの使い方

 

GIMP2の「選択」の種類


GIMP2には選択の種類がいくつかあります。

・矩形選択:四角形に選択
・楕円選択:丸型に選択
・自由選択:手書きの線または直線で選択
・ファジー選択:近い色を判断して選択
・色域を選択:特定の色を選択
・電脳はさみ:境界を自動計算して選択
・前景抽出選択:前景のものを計算して選択

これだけの選択ツールがあるんです。

用途に合わせて使い分けます。
もしくは一番使いやすいものを見つけて使用します。

 

自由選択の使い方


今回使うのは「自由選択」です。
自由選択は数か所でクリックをして選択範囲を決定します。

実際に使ってみましょう。

自由選択はツールボックスのこのアイコンです。

もしくは
「ツール」タブ→選択ツール→自由選択
で使用することが出来ます。

 

自由選択で肌周りだけ選択

広告

 


なぜ今回は肌周りだけ選択しなければ
ならないかというと、
肌の色はGIMP2では「赤」と認識されるからです。

この写真をご覧ください。

クッションの色がくすんでしまいました。
肌以外も色が変わってしまうんです。
そのため選択範囲を指定しなければならないんです。

 

左クリックで線を引いて選択する


自由選択は始点をクリックすると
選択範囲の指定が始まります。

このように肌を線で囲んで選択します。

 

おわりに

いかがでしたか?

この選択して一部だけ編集するということは
「色」だけにとどまりません。

他のいろんなツールにも適用できます。
是非試してみてください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました