GIMP2ー8種類の選択ツール

画像編集ソフト GIMP2

今回はGIMP2の様々な選択を紹介します。

GIMP2の選択は全部で8種類あります。

1、すべて選択
2、矩形選択
3、楕円選択
4、自由選択
5、前景抽出選択
6、ファジー選択
7、色域を選択
8、電脳はさみ

1の「すべて選択」は「選択」タブの一番上にあります。

2~8は下の画像のように
「ツール」→「選択ツール」にもありますが、
画像左端の「ツールボックス」にもあります。

 

では下の画像を使って1つ1つ解説します。




すべて選択


「選択」→「すべて選択」で呼び出せます。

画像の全体を加工したい時に使います。
例えば画像の明るさを変えたり

 

色を変えたりするときに使います。

 

 

矩形選択


「ツール」→「選択ツール」→「矩形選択」で
呼び出せます。

ポインターを左クリックしながらドラッグで
選択できます。

こちらの使い方は例えば選択範囲の色を変えたり、

 

細かい部分を歪めたりするために使います。

 

この先の選択の用途は矩形選択の用途とほぼ同じです。
勿論上記に上げたのはあくまで例です。
用途はたくさんあります。

 

楕円選択

「ツール」→「選択ツール」→「楕円選択」
で呼び出せます。

左クリックしながらドラッグすると選択できます。

選択範囲はこんな感じです。



自由選択


「ツール」→「選択ツール」→「自由選択」
で呼び出せます。

自由選択は左クリックで点を打ち、
任意の場所を囲って選択します。

最後に始点に戻ると選択が完了します。

 

選択範囲は例えばこんな感じで選択できます。

 

 

前景抽出選択

広告

 


「ツール」→「選択ツール」→「前景抽出選択」
で呼び出せます。

前景抽出選択を選ぶと、ポインターが自由選択の
ポインターに変わります。

ここで前景の大まかな部分を囲います。
始点と終点がつながっていないと
勝手に全体を前景部分に指定されてしまいます。

この段階を終えると画像が青くなります。
この色はもとの画像には影響はありません。

 

次にポインターがブラシの形になります。
ブラシで抽出したいところを線で大まかになぞります。

 

この時黒くて太い線が描かれますが
元の画像には影響ありません。
色と太さは調節できます。

少し待つと抽出結果が出ます。

 

選択しきれなかったところがある場合は、
またブラシでなぞってください。

 

ファジー選択

「ツール」→「選択ツール」→「ファジー選択」
で呼びだせます。

これは似た色を識別して同系色の箇所を
選択するツールです。

単色のものや単色に近い背景を選択するときに
便利です。

クリックするだけで選択ができます。

 

 

色域を選択


「ツール」→「選択ツール」→「色域を選択」
で呼び出せます。

これはファジー選択と似た選択ツールです。

ファジー選択は隣り合ったピクセルの
色域を判定し選択します。

色域を選択は離れたピクセルの
色域も判定し選択します。

左がファジー選択で、右が色域を選択です。
丸で囲んだ部分が異なります。

 

「色域を選択」もクリックだけで選択できます。

 

電脳はさみ


「ツール」→「選択ツール」→「電脳はさみ」
で呼び出せます。

色のはっきりした物の境界線を判定して
選択したい部分を抽出します。
自由選択のように選択したいものを左クリックで
囲っていき、

 

 

最後にEnterを押すと
選択が完了します。

 

実際に選択された部分の色を変えるとこんな感じ。

 

この機能は便利ですが、
少々荒いところもあります。

 

 

まとめ


いかがでしたか?

選択ツールはたくさんありますが
選択したいものによって、
ツールを使い分けてください。

また、2~8はツールボックスの下にオプションもあり、
閾値を変えることなど出来ます。
うまくいかないときはそこを
いじってみてください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました