AviUtlー拡張 x264出力

動画編集ソフト Aviutl

今回は動画編集ソフトAviUtlの動画の出力のしかたについて解説します。

AviUtlには動画の書き出しがデフォルトだとAvi出力しかありません。

しかしこの記事では以前プラグインx264guiExでx264(mp4)出力を可能にしたので、その方法を紹介します。

x264guiExについてはこちらの記事を参照してください。

AviUtlのインストールについて

 

すぐにやりかたがみたい方は、「拡張 x264出力」までスクロールしてください。

なぜmp4で出力するかというと、aviはとてもサイズが大きいんです。
20秒足らずで2GBとかになります。

そのため容量に余裕のない方や長時間の動画を作る人にはお勧めできません。

そのため高画質・低容量のmp4がお勧めなんです。

拡張 x264出力

「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張 x264出力」とクリックしてください。

ファイル名と保存先を指定してください。

次に「ファイルの種類」です。
こちらはいじらなくて大丈夫です。

中にmp4があるのですが、それを選択するとエラーが発生することがあります。

そのため「All Support Formats」のままにしておいてください。

「保存」を押すと黒いウィンドウが出てきて出力が始まります。

右下の緑のゲージが100%になったら完了です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました