【2017年7月】Google AdSenseの合格通知と通知後にやったこと

Google AdSense

3日前にGoogle AdSenseから審査通過通知が来たことは以前記事にしました。
詳しいことは以下の記事をご覧ください。

【2017年7月】Google AdSenseから約13時間で審査の通過通知が来た私のやり方

 

今回はそのメールの内容と、通知後やったことをお知らせしたいと思います。




1、Google AdSenseからの通知メール

3日前にきたメールの内容はこんな感じです。

Google AdSenseに合格することを「アカウントのアップグレード」というのですね。

利用にあたっての基本事項はメールのURLがありますので、熟読してください。

実際に読んでみたら読む項目が多くて気が遠くなりましたが、1項目ごとが簡潔にまとめられていました。

その他にもGoogle AdSenseの規約も熟読し、違反の内容にしておくべきです。

2、合格通知の後にやったこと

2-1、確認済みサイトを承認する

これはGoogle AdSenseに申請したサイト以外にサイトを持っている場合、そのサイトにも広告が貼れるようにする操作です。

もしそのサイトが承認されていなくて、不正に広告が貼られた場合、クリックされても収益が自分のもとに入りません。

この操作は2回目の申請以前にやっていました。

やり方は AdSevseにログイン→「設定」→「自分のサイト」→「サイトを管理」ページで縦に3つ並んだ点をクリック→ 「サイトを承認」→「所有権を確認したサイトだけに広告コードの使用を許可する」の横にあるスイッチをオン→「保存」 でできます。

これはすぐに出来ます。

「自分のサイト」に申請した以外のサイトも登録し、上記の操作をすることで広告コードが貼れるようになります。

「自分のサイト」に登録するには「設定」→「自分のサイト」→「+」とクリックしていき、URLをコピペして「サイトを追加」

2-2、広告コードをサイトに貼る

自分のサイトに適切な広告ユニットを選択し、広告コードを作成してサイトにコピペします。

広告がわかりにくい場合は「広告」か「スポンサード リンク」の表記を忘れずにします。
この2言以外には認められません。

勘違いされがちですが必須ではありません。

広告表示はメールが届いてから数時間以内に開始されます。

2-3、Google Publisher Toolbarの導入

これはGoogle AdSenseやGoogle アナリティクスを簡易的に表示してくれるChormツールバーの拡張機能です。

Google Publisher Toolbarを導入すると自分のサイトの広告が緑がかった表示(広告オーバーレイON)になり、誤クリックを防ぐことが出来ます。

緑の広告をクリックするとリンク先に飛ばされる代わりにGoogle Publisher Toolbarのウィンドウが開きます。

そこではその広告が収益にどのように結びついているのか簡易的に表示されます。

そしてその広告がサイトに関係ない場合は
ブロックすることが出来ます。

AdSense広告の画像の下に「ブロック」というボタンがあります。

それをクリックするだけで完了です。

2-4、不適切な広告をブロックする

なんの広告が表示させるかは収益に直結します。

しっかり管理しましょう。

やり方は アドセンスにログイン→「広告の許可とブロック」→「一般カテゴリ」または「デリケートなカテゴリ」で設定ページに行きます。

「許可またはブロック」でスイッチを切り替えるとブロックできます。

「すべてのサイト」で自分サイトを一括管理、「すべてのサイト」の下にあるサイトをクリックして個別に管理できます。

3、まとめ

以上がAdSenseに通過してからしたことです。

どれも重要なのでやっておくに越したことはありません。



コメント

タイトルとURLをコピーしました