GIMP2ーテキストツール(文字)の使い方

画像編集ソフト GIMP2

今回は画像編集ソフトGIMP2で画像に文字を入れる方法を解説します。




テキストの呼び出し方

文字を編集するツールを「テキスト」と呼びます。

テキストを呼び出すには「ツール」→「テキスト」とクリックするか、ツールボックスの下の赤まるのアイコンをクリックします。

右クリックしながらドラッグで範囲選択


文字を入れる範囲を右クリックしながら四角で囲みます。

4つ角と4つ端をドラッグすると範囲を拡大・縮小できます。

半透明で映っているのはオプションです。

①フォントを打ち込むことでフォントが変えられます

②文字の大きさを変えられます

③文字の大きさの単位を変えられます

④左から、選択したテキストのスタイルを消去、太字、斜体、下線、取り消し線です

⑤ベースラインの変更
0よりも大きい数字を入れると文字が上に、小さい数字を入れると文字が下にずれます。

⑥カーニングの変更
一部の文字だけでも文字間の幅が変えられます。
0よりも大きい数字を入れると広く、小さい数字を入れると文字が下にずれ狭くなります。

⑦文字色の変更が出来ます より詳細なオプションは、ツールボックスの「ツールオプション」で設定可能です。



ツールオプションの解説


こちらがツールオプションです。


こちらでも色やフォントを変更することが出来ます。

「エディターウィンドウで編集」にチェックを入れると、エディターウィンドウが開きます。 


しかし上記で解説したオプションの他は、文字をウィンドウ上で編集することしか出来ないので、使うことはあまりないでしょう。

加えてテキストエディターに文字を打ち込むと、画像にも文字が打ち込まれ、フォントや色はエディターには反映されません。
(※画像には反映されます—上の画像参照)

ツールオプションの解説です。

①フォントを変更できます

②文字のサイズを変更できます

③文字の曲線部分など、ギザギザしてしまう箇所をなめらかに修正します

④小さな文字のつぶれを軽減します
「標準的に」か「最大限に」を選択しましょう。多くのフォントではこれら2つは同様の効果です。

⑤文字の色を変更します

⑥文字の位置を揃えます
左から、左揃え、右揃え、中央ぞろえ、両端ぞろえ、です。

⑦インデント
段落の1字下げが出来ます。

⑧行間の幅を指定できます

⑨文字幅を指定できます

⑩文字の範囲を「固定」か「流動的」にできます

「流動的」-文字の量によって自動で範囲を広くしたり狭くしたりしてくれます。

「固定」-文字の量が増えたら逐一範囲を手動で広くしたり縮小したりするようにします。

⑪言語の選択ができます

まとめ

以上で文字の入力については終了です。

他にもフィルタを使えば、文字に影が付けられたりします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました