SoundEngineーインストールとmp3を扱えるようにする方法

インスト―ル方法

今回は音声編集ソフトのSoundEngineのインストール方法について解説します。

SoundEngineもAudacityと同様にプラグインを入れないと、mp3を扱うことはできません。

mp3が扱えないと色々と不便なので、プラグインもいれてしまいましょう。

では解説に入ります。




SoundEngineのインストール方法

まずWayBackMachineにいってインストーラーをダウンロードします。

インストーラーを起動します。

「この不明な発行元からのアプリがデバイスに変更を加えることを 許可しますか?」というような警告を「はい」をクリックして次に進みます。

「次へ」をクリックしてください。

保存先を指定します。

「ポータブル設定」というのはUSBメモリなどにSoundEngineを保存するときにチェックを入れておいてください。

「すべてのユーザーにインストール」は、1台のPCに複数のアカウントがあり、自分以外にも使う可能性がある場合にチェックを入れてください。

保存先を決めたら「次へ」をクリックしてください。

ショートカットが必要なところにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

こちらの項目はどちらもチェックを入れなくて構いません。

どちらもインターネットにつないだ時に使われるものですが、使いづらく、勝手にInternetExploreを既定のブラウザに設定されます。

「JWordプラグインをインストールする」にチェックがもともと入っていますので、外してください。

「いいえ」をクリックしてください。

以上でインストールは完了です。

続いてmp3を扱えるようにするプラグインを導入しますので、
「閉じる」をクリックしてください。

 

mp3を扱えるようにする

フリーソフト~音楽ツール~にアクセスします。

「SoundEngine_dll.zip」をダウンロードします。

zipファイルを解凍します。
「VBMP3.dll」と「GOGO.dll」が入っています。

SoundEngineを起動して「VBMP3.dll」と「GOGO.dll」をドラッグアンドドロップします。

以上で完了です。
mp3が読み込み、書き出せるようになりました。



まとめ

このサイトでは以前Audacityのインストール方法を紹介しました。

音声編集ソフトという点では同じです。

AudacityとSoundEngineで何が違うかというと、色々とありますが使っていて感じる点はSoundEngineは調整の幅が狭いと感じます。

たとえばイコライザー。

こちらがSoundEngineで

こちらがAudacityです。

私は高周波数のノイズを削るために使うときがあるのですが、Audacityは細かくつまみがあります。

対してSoundEngineはつまみの数が少なく残したい音も壊してしまうときがあります。

ノイズはどうしても入ってしまうため、削る時にどうしようもないというのはとても痛いです。

また大きな違いの一つとして、Audacityは複数トラックの録音、編集ができるのに対し、SoundEngineは単一トラックしか録音、編集ができません。

音楽に合わせて歌を歌うときや、声を当てなければならないとき、Audacityではその音源を読み込んで、音を聞きながら収録することが出来ます。

一方SoundEngineでは別のソフト(プレイヤー)で音を再生して、SoundEngineの再生ボタンを押して録音と、少しラグが出ます。

録音した音と音源のタイミングを合わせるのは、他のソフトを使うときもありますが、大抵はAudacityです。

この場合二度手間になってしまうので、始めからAudacityをつかっていれば
違うソフトで読み込みという手間が省けます。

これは大きな違いです。

以上のような理由でAudacityを使うことをお勧めします。

では今回なぜSoundEngineを紹介したかというと、SoundEngineはエフェクトのノイズ除去の性能が高いと感じるからです。

Audacityで録音したものをSoundEngineでノイズ除去することも私はあります。

そのため紹介しました。

どちらをインストールするか迷っている方にとって少しでも参考になればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました