AviUtlー基本操作について

動画編集ソフト Aviutl

今回は動画編集ソフトAviUtlの基本操作について解説します。

どこまでが基本操作かという疑問はありますが、私が使っていてよく使う操作を紹介します。




1、タイムラインに素材を読み込む

まずはタイムラインに素材を読み込みます。

ここで注意していただきたいのは、必ず「タイムライン」に動画を読み込むということです。

AviUtlの本体のウィンドウには絶対に素材を読み込まないでください。

プラグラムとして素材が読み込まれ、編集が出来なくなってしまいます。

もし読み込んでしまったら、AviUtlを保存せずに終了して、もう一度起動してください。

「元に戻す」でもとには戻りません。

そのため必ずタイムラインからを見込んでください。


間違えない方法は、タイムライン上で右クリックして、読み込む素材を選択することです。

例えば動画ファイルを読み込むときは『タイムライン上で右クリック→「メディアオブジェクトの追加」→「動画ファイル」』と読み込んでいきます。

タイムライン上での基本編集

①カット

カットしたいところで、右クリック→分割

シーケンスバー(タイムライン上の赤い縦棒)の近くで上記の操作をすると、シーケンスバーでカットされます。

②移動

左クリックでオブジェクトをドラッグすると移動できます。

[Ctrl]をおしながらオブジェクトをクリック、または[Ctrl]+左クリック+ドラッグしてオブジェクトを囲むと、複数のオブジェクトを移動させることが出来ます。

[Ctrl]を離すと選択が消えるので注意してください。

③1つ戻る

[Ctrl]+[Z]で1つ戻ります。
もしくは「編集」→「元に戻す」で元に戻ります。

④オブジェクトの削除

オブジェクトを左クリック+[Del]で削除できます。
またはオブジェクト上で右クリック→「削除」で削除できます。



⑤テロップ

タイムラインで右クリック→「メディアオブジェクトの追加」→「テキスト」で下のようなウィンドウが表示されます。

一番下の白いボックスに文字を打ち込み、
上の部分で設定をします。

設定は文字の位置や大きさなどが変えられます。

また文字を打ち込むところにタグを差し込むと、
色を変えたり表示速度を変えたりできます。

しかしこれはわざわざタグを使わなくてもテキストボックスの上にある
設定でできます。

まとめ

いかがでしたか?
ここに上げたのはほんのわずかな操作です。

しかし私が使っていて感じたことは、読み込み、移動、素材を見込んだ時に出てくるウィンドウが指定するものがわかれば、それなりのものは作れるのではないかということです。

難しい操作をしなくても素晴らしい動画は作れます。

現在YouTuberと言われる人たちの動画を見ると、動画の切り貼りしかしていないものも多いです。

全員が不特定多数に制作した動画を見られるような状態にするとは限りませんが、つまり言いたいことは人にウケる動画は難しいことをやって凄い動画ではなく面白い動画ということです。

そんなの分かってるよという声が聞こえてきそうですが、私の場合編集しているとかっこいい動画だったり、自分がやりたいように編集してしまっていることが多々あります。

一番は他人に見せる為の動画なのに見づらくなってしまったり。

これでは本末転倒です。

このようなことがあるので注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました