AviUtlのスクリプトの入れ方

動画編集ソフト Aviutl

今回はAviUtlのスクリプトの入れ方について解説します。

今回サンプルとして使わせていただくのはティムさんの「色調調整セットver.5」です。

なぜこちらを選択したかというと、 初心者向けの簡単な効果がたくさんはいっているからです。

最初に入れるスクリプトとしておすすめです。

では、解説していきます。




スクリプト導入前の本体のファイル設定

スクリプトを入れる前に本体のファイルを少しいじります。

AviUtl本体が入っているフォルダに「script」というフォルダを作ります。

「script」フォルダを作った時にAviUtlを起動している時には、「F5」キー(キャッシュクリア)を押してください。

スクリプトを入れる

まずはスクリプトの配布ページに移動して、ファイルをダウンロードしてください。

今回はサンプルとして ティムさんの「色調調整セットver.5」を使用させていただきます。

ファイルをダウンロードしたら、zipファイルを解凍します。

すると以下のようなフォルダの中にファイルが入っています。

「TCM_V5_2」というフォルダを先ほど作った「script」に入れます。

AviUtlはscriptフォルダを1階層まで、(つまりscriptの中にあるフォルダまで。) 読み込むことが出来ます。

script→フォルダ①→フォルダ②と階層を重ねていっても、AviUtlはフォルダ②を認識してくれません。

そのため、scriptフォルダの中は効果の種類ごとか作者ごとに分けるのが好ましいです。

これで導入は完了です。



本体を起動してどこに入っているのか

先ほど入れたスクリプトは「アニメーション効果」というところに入っています。

「アニメーション効果」の出し方は、
素材を拡張編集(タイムライン)に置く

「画像ファイル[標準描画]」ウィンドウの右上の「+」をクリック



出てきたウィンドウの「▼」を何度かクリック



「アニメーション効果」

という結構分かりづらいところに入っています。

「アニメーション効果」を追加したら、「震える」と書いてあるプルダウンをクリックしてください。

スクロールしていくと先ほど追加したスクリプトが表示されます。

「すべて表示」のプルダウンをクリックすると、scriptフォルダの中で分類したフォルダ名が出てきます。

ここでscriptフォルダでの分類が役立ちます。
scriptフォルダの中で分類したファイル名が表示されます。

ここでその分類したフォルダ名を選択すると、「震える」のプルダウンには分類したフォルダに入っている効果のみが表示されます。

 

まとめ

いかがでしたか?

私はスクリプトが「画像ファイル[標準描画]」の右上にある「+」の中に追加スクリプトが表示される中と思い、何度やっても本体を入れなおしても表示されないと四苦八苦していました。

「アニメーション効果」の中にあるとは・・・
調査不足でした。

次回は今回追加したスクリプトの解説をしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました