Audacityー無音

音声編集ソフト Audacity

今回はAudacityの無音の挿入について解説します。

一通りの解説の後、活用例もありますので
是非ご一読くださいね!




 

「ジェネレーター」→「無音」

無音を呼び出すには
「ジェネレーター」→「無音」
とクリックしていきます。

すると以下のようなウィンドウが出てきます。


継続時間は無音を挿入する時間を示しています。
「h」は時間、「m」は分、「s」は秒です。

「s」の小数点以下は1秒よりも短い時間を設定できます。

数字が白くなっているところ(灰色ではないところ)に、希望の数字を半角で打ち込みます。

希望の数字を入力したら「OK」をクリックします。

すると無音が挿入されます。

 

ウィンドウ各所の解説

①継続時間

無音を挿入する時間を示しています。
デフォルトの状態だと「h、m、s」の単位で示されます。
「h=時間」、「m=分」、「s=秒」です。

「s=秒」の小数点以下は1秒よりも短い時間を設定できます。

数字が白くなっているところ(灰色ではないところ)に、希望の数字を半角で打ち込みます。

白い箇所はクリックや十字キーで移動させることが出来ます。

 

②単位

継続時間の右端の「▼」をクリックすると、単位のプルダウンが開きます。

デフォルトの状態は「h、m、s」で表す「hh:mm:ss + milliseconds」

他にも「s」のみで表す「seconds」などがありますが、短い時間を指定できないのであまりお勧めしません。

デフォルトの状態(hh:mm:ss + milliseconds)がよいでしょう。
この場合1秒よりも短い時間を指定できます。

 

③管理

プリセットの管理が出来ます。
同じ時間の無音を複数個所に挿入したい時に役立ちます。

プリセットの保存方法は
1、「継続時間」に希望の時間を入力する
2、「管理」をクリック
3、「プリセットの保存」をクリック
4、希望のプリセット名を入力する
5、「OK」をクリック
です。

プリセットを呼び出したい時は
1、「管理」をクリック
2、「ユーザープリセット」をクリック
3、希望のプリセットをクリック
以上の手順です。

プリセットを消去したい時は
1、「管理」をクリック
2、「プリセットの消去」をクリック
3、消去したいプリセット名をクリック
4、「本当に”○○”を削除しますか?」というウィンドウで「OK」
上記の手順で消去します。

 

④プレビュー

挿入する無音をプレビューします。

しかし挿入するのは無音なので音は聞こえません。



3、使用例

無音が力を発揮するのは、自分の声や楽器の録音をしたときでしょう。
特に私は自分の声を録音したときに無音をよく使いました。

息継ぎの音や、突然「プツッ」という音が入ることがよくあったので、無音で対応していました。

いらない音が入ってしまった箇所を「削除」してしまうと、削除される箇所の後の部分が、削除される箇所の前の部分とつながってしまいます。

すると間合いなど間隔が不自然になってしまいます。
そのため「削除」ではなく「無音」をよく使いました。

 

4、まとめ

いかがでしたか?
なんてない効果なのですが私は朗読やシチュエーションボイスを
録音することが多かったので、「無音」には助けられました。

皆さんも活用してみてください!

コメント

  1. あゆみ より:

    すみません、入れる「場所」はどうやって選ぶのですか?
    どうやっても「冒頭」にしか足されません…。

    • manmani_main より:

      こんにちは、サイトの管理者のけーこです。
      ご返信が遅くなってしまい、すみません。

      ①音が入っているところを無音にする場合
      1、タイムライン上で左クリックしながら無音を挿入したい箇所を指定します。
      2、「ジェネレータータブ」→「無音」
      3、挿入したい無音の長さを指定
      4、「OK」

      ②音声と音声の間に無音を新たに挿入する場合
      1、タイムライン上で無音を挿入したい箇所を左クリック
      2、「ジェネレータータブ」→「無音」
      3、挿入したい無音の長さを指定
      4、「OK」

      以上の手順を踏むと無音が挿入されます。

タイトルとURLをコピーしました