AviUtlー「背景」の追加・色の設定

動画編集ソフト Aviutl

今回はAviUtlの背景色の指定の仕方を解説します。

何もしていないデフォルトの状態では黒ですが、AviUtlでは自在に色を変えることが出来ます。

では解説していきます。




 

メディアオブジェクト「図形」を追加

背景をAviUtlで指定するには、「メディアオブジェクト」を追加します。

メディアオブジェクトの追加の仕方です。
タイムライン(拡張編集)上で右クリックします。
「メディアオブジェクトの追加」をクリックします。

すると下の画像のような表示が出ます。


そこの「図形」をクリックします。


するとタイムラインに図形のオブジェクトが追加されます。


同時に下のようなウィンドウが表示されます。

「図形の種類」を「背景」に

デフォルトの状態だと「図形の種類」が「円」になっています。
「円」の左にあるプルダウンでそれを「背景」に変えます。


これで背景の完成です。



背景の色を変える

次に背景の色を変えてみましょう。

デフォルトの状態は白です。

「図形」を追加したときに出たウィンドウ
「図形[標準描画]」のウィンドウの一番下の項目をクリックします。


すると下のようなウィンドウが出てきます。


ここで色を自在に変えることが出来ます。


方法は3つです。
1、①で大まかな色を指定して、②でより細かく色を指定する
2、③で0~255の数値を指定して色を決める
3、④のスポイトで色を指定する

1はマウスでポインターを動かして色を指定します。

2はR=赤、G=緑、B=青の度合いを0~255の間で指定して、色を決めます。


数値が大きければ大きいほどその色味は増していきます。

3は1度スポイトのアイコンをクリックした後、マウスで背景色にしたい色の箇所をクリックします。


するとマウスでクリックした箇所の色が背景色になります。

以上が背景色を指定する方法です。



あとがき

いかがでしたか?
私はこの方法がわかるまで、背景の画像を作ってタイムラインに読み込む、ということをしていました。

背景色って実際に他の素材と合わせてみないと、動画に合っているかどうか分からないんですよね。

そのため何度も背景のカラーボードを作り直してというめんどくさいことをしていました。

皆さんにはこのようなめんどくさいことはしないでほしいので、記事にしてみました。

参考になればうれしいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました