AviUtl―拡張 x264 出力(GUI) Exや拡張 x265 出力(GUI) Exで出力する際にNeroAacEncのエラーが出るときの対処法

今回はAviUtlの出力の際に出るエラーの1例とその解決方法を紹介します。

出力の方法についてはこちらの記事をご参照ください。

Audacityー書き出しの方法




 

「NeoAacEnc.exeの場所が指定されていません」

出力の際にパラメーターにこのような文字が表示されることはありませんか?

 

auo [error]: NeroAacEnc.exe の場所が指定されていません。
auo [error]: NeroAacEnc.exe を用意し、その場所を設定画面から正しく指定してください。


NeroAacEnc とは音声エンコーダーです。
動画の音声をエンコードします。

出力のデフォルトの状態だと音声エンコーダーはNeroAacEnc が指定されています。

何もしない状態だと、NeroAacEnc はお使いのパソコンには入っていません。

そのため、NeroAacEnc を用意するか、音声エンコーダーをNeroAacEnc ではないものに変える必要があります。

NeroAacEnc を使う場合は、下のリンクからNeroAacEnc をダウンロードして、正確にAviUtlの場所を指定してください。

Codecs.com | Downloads for Nero AAC Codec 1.5.4

解決方法:音声エンコーダーを「paac」などに変える

出力のデフォルトの状態はNeroAacEncに指定されています。
そのため、「qaac」などに変える必要があります。

まず出力画面を呼び出します。
「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張 x264 出力(GUI) Ex」


または
「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張 x265 出力(GUI) Ex」
とクリックしていきます。

出てきた画面の「ビデオ圧縮」をクリックしてください。


するとこんな画面が出てきます。

 

この画面の音声レコーダー(赤丸の部分)を見てください。


私の場合、「エンコーダー」は「qaac」が指定されていました。

しかしこの手順を踏むことによって音声エンコーダーがデフォルトNeroAacEnc からqaacに変更され、正常に出力を行うことが出来ました。

 

あとがき

今回は「拡張 x264 出力(GUI) Ex」 または「拡張 x265 出力(GUI) Ex」の出力でNeroAacEncのエラーが出たときの対処法を紹介しました。

私はこのせいで毎回エンコードに失敗していましたが、紹介した手順を踏むことで正確に出力することが出来るようになりました。

「ビデオ圧縮」をクリックしたときにはすでに「qaac」が選択されていましたが、なぜか紹介した手順を踏むと出力できたのです。

「拡張 x264 出力(GUI) Ex」の次のバージョンが出ているので、「拡張 x264 出力(GUI) Ex」のせいかなとも思ったのですが、「拡張 x265 出力(GUI) Ex」でも同じことでした。

やはりNeroAacEnc の場所が指定されていない、もしくはNeroAacEnc が入っていないというのが原因でした。

この記事が少しでも皆様のお役に立てたなら幸いです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました