GIMP2―クイックマスクの使い方

画像編集ソフト GIMP2

今回は画像編集ソフトGIMP2の「クイックマスク」について解説します。
簡単に言うと選択ツールです。

「クイックマスク」は色を塗って選択範囲を指定します。

他の選択ツールについて知りたい方は、下の記事をご覧ください。

GIMP2ー8種類の選択ツール




 

「クイックマスク」の呼び出し方

クイックマスクの呼び出し方は4通りあります。

1、「選択」タブ→「クイックマスクモード」
2、画像上で右クリック→「選択」→「クイックマスクモード」
3、ショートカット 「Shift」+「Q」
4、メインウィンドウの左下の○をクリック(画像参照)


「クイックマスク」が起動すると、画像が赤くなります。


赤いところは選択されていないところです。

 

「クイックマスク」の使い方

今回は下の写真の皿にのったデザートを選択します。


クイックマスクを呼び出します。


全体が赤くなるのは、全体が選択されていない、という状態です。

ここから描画ツールを使って選択範囲を指定します。

ここで使える描画ツールは5種類です。
鉛筆、ブラシ、エアブラシ、インク、スタンプです。


描画色で描くと「選択されていない状態」
背景色で描くと「選択されている状態」
になります。

描画色と背景色については下の画像を参考にすると、
黒が描画色、白が背景色となります。


描く色は⇔をクリックすると変えられます。 


まずはざっくり太い描画サイズで、
背景色でデザートに色を塗っていきます。
(見づらいので画像は「ズーム」で拡大しています。) 


「ズーム」とは画像を拡大・縮小して、編集しやすい大きさに表示させるツールです。


描画するサイズはツールボックスのツールオプションで、指定することが出来ます。

ざっくりと選択した状態です。


ここから細い描画サイズの描画ツールで、本当に選択したい箇所を色塗っていきます。

選択したいところは背景色で、選択したくないところは描画色で色を塗っていきます。

こんな感じになりました。


最後にクイックマスクを解除して、選択完了です。 


クイックマスクの解除は、メインウィンドウの左下の○をクリックしてください。 



あとがき

いかがでしたか?
今回は正直写真が悪かったですね。

シルエット画像のシルエット部分を選択したい時や、
前景抽出・ファジー選択の補助的に
クイックマスクを使うのがいいかもしれません。

私は最初、背景色と描画色が逆になっていて、
「色が塗れない!!!」と慌てていました。

背景色で選択、描画色で選択外なんですね。

この点、気を付けてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました