AviUtlー中間点の使い方

動画編集ソフト Aviutl

今回は動画編集ソフトAviUtlの「中間点」について解説します。

エフェクト(効果)をかける際に「X」の値を「移動」させることがあると思います。

(移動とは「直線移動」や「ランダム移動」などオブジェクト(画像、音声、動画)に動きを加えることです。

「移動」についての詳しい解説は、下の記事を参考にしてください。)

AviUtlーエフェクトの「移動」

その際に「中間点」と使うと、より効果的に魅力的に動画を作ることが出来ます。

「X」の他にも「拡大率」「透明度」「回転」など、すべてのパラメータに適用することが出来ます。

例えば、オブジェクト(素材)を左から右へ移動させるときに中間点を使わないと、下のようになります。


しかし中間点を使うとこのような動きもさせることが出来ます。


このように複雑にはなりますが、面白い映像が出来上がります。




 

中間点の追加方法

中間点の追加方法はタイムラインのオブジェクト上で
右クリック→「中間点を追加」

もしくは設定ダイアログのタイムライン上で
右クリック→「現在位置に中間点を追加」

という操作を行えば追加することが出来ます。

中間点は1つだけでなく、複数追加することが出来ます。
その場合も上記と同様です。

 

複数の中間点を均等に配置する

中間点を複数追加して、始点、各中間点、終点までの時間を均等には分配したい場合、タイムラインで1つ1つ動かすことなく自動で中間点を配置することが出来ます。

例えばこのような例


始点、各中間点、終点までの時間がばらばらですね。
これを下のようにすることが出来ます。 


やり方は、タイムライン上、もしくは設定ダイアログのタイムライン上で
右クリック→「中間点を時間で均等配置」
このような手順を踏むことで設置することが出来ます。



中間点を移動する

中間点を移動する方法は1つです。

タイムライン上で動かしたい中間点を左クリックしながら左右にスライドしてください。

これで中間点を移動することが出来ます。

設定ダイアログのタイムライン上で「選択区間の長さ変更」が出来ます。

 

選択区間の長さ変更

設定ダイアログのタイムライン上で右クリック→「選択区間の長さ変更」

すると下の画像のようなウィンドウが出てきます。


「秒数指定」と「フレーム数指定」の2通りの指定の仕方があります。
ここで任意の数字を指定してください。

「OK」を押すと指定完了です。

 

画面の見方

タイムライン、設定ダイアログ、本体ウィンドウでの中間点の関連はこのようになります。

始点が緑縁
終点が赤縁

つまり、下の画像のようになります。


現在位置を動かすと、中間点を境に始点と終点が変わります。

例えば中間点が1つで、現在位置が①にある場合


始点が緑縁
終点が中間点となり赤縁

そして現在位置が②にある場合


中間点が始点となり緑縁
終点が赤縁

このようになります。

以上で中間点の解説は終了です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました