AViUtlーカメラ制御の使い方

動画編集ソフト Aviutl

今回は動画編集ソフトAviUtlの「カメラ制御」について解説します。

簡単に言うと3D映像を作れるということです。

カメラ制御を使わないと、視点が正面からになります。
それが、カメラ制御を使うと、X、Y、Zなどのパラメータを操作することで、視点を変えられるようになります。

するとズームやパンなど効果的な映像を作ることが出来ます。

では解説に入ります。




 

カメラ制御を追加する

タイムライン上で右クリック→「メディアオブジェクトの追加」→「カメラ制御」→「カメラ制御」

以上の操作をするとカメラ制御が追加されます。


今回の場合、Layer1の「カメラ制御」の下にあるオブジェクトがカメラ制御の対象になります。

カメラ制御の対象になるレイヤーの数は、カメラ制御設定ウィンドウの「対象レイヤー数」で指定することが出来ます。


例えば対象レイヤー数を「3」にした場合Layer2~Layer4までのオブジェクトが カメラ制御の対象になります。

例として今回は対象レイヤー数を「1」にします。
そのため、Layer2のオブジェクトがカメラ制御の対象になります。

Layer2に「メディアオブジェクト」の「図形」から
「円(図形)」を配置します。

 

「標準描画」から「拡張描画」へ

カメラ制御を使うには、「標準描画」から「拡張描画」にする必要があります。

拡張描画の切り替えは、設定ダイアログの右上にあるボタンをクリックし「拡張描画」を選択すると切り替えることが出来ます。

カメラ制御を適用すると、本体ウィンドウが下の図のようになります。


ただし、タイムライン上で右クリックし、「カメラ視点GUIの表示」にチェックがついていないと「カメラ」などの右下のボタンが表示されません。

「カメラ」は実際に出力される見え方(映像)です。

「エディット」はカメラもオブジェクトのように座標を変更することが出来ます。

「前後左右上下」は素材を前後左右上下から見たときにどう見えるかを表示してくれます。



座標について

素材にもカメラにも言えることですが、赤(X)、緑(Y)、青(Z)の■を左クリックしながら動かすと、本体ウィンドウで座標の指定が可能です。

各座標軸は下の図を参考にしてください。


カメラ制御を扱ううえで重要になってくるのがX,Y,Zの座標(位置)です。

図形などの素材をタイムラインに読み込んだ時に配置される座標(位置)はX=0、Y=0、Z=0に配置されます。

カメラの初期座標は
X=0、Y=0、Z= -1024
となります。

 

カメラ制御の設定ダイアログ

 

 

X軸

X軸方向(横)にカメラを移動させることが出来ます。


数値は-2000~2000の範囲で設定できます。

カメラの向きは他の設定を変えていなければ原点(X,Y,Z)=(0,0,0)を向いています。

 

Y軸

Y軸方向(縦)にカメラを移動させることが出来ます。


数値は-2000~2000の範囲で設定できます。

カメラの向きは他の設定を変えていなければ原点(X,Y,Z)=(0,0,0)を向いています。

 

Z軸

Z軸方向(奥行)にカメラを移動させることが出来ます。


数値は-2000~2000の範囲で設定できます。

カメラの向きは他の設定を変えていなければ原点(X,Y,Z)=(0,0,0)を向いています。

 

目標X

原点の位置をX軸方向に移動させます。
カメラの向きをX軸方向に変えるということです。


数値は-2000~2000の範囲で設定できます。

 

目標Y

原点の位置をY軸方向に移動させます。
カメラの向きをY軸方向に変えるということです。


数値は-2000~2000の範囲で設定できます。

 

目標Z

原点の位置をZ軸方向に移動させます。
カメラの向きをZ軸方向に変えるということです。


数値は-2000~2000の範囲で設定できます。

 

目標レイヤ

カメラの向いているレイヤを指定します。
数値は0~100の範囲で設定できます。

カメラから伸びている線と先の赤丸に注目してください。

数値を「0」にした場合、Layer0はないので目標Xなどをいじっていなければ原点を向いています。

 

数値を「1」にした場合Layer1は「カメラ制御」になっているので、目標Xなどをいじっていなければ原点を向いています。

数値を「2」にした場合Layer2は「円(図形)」になっているので、「円(図形)」の方向を向いています。
このように指定したレイヤの方向をカメラが向きます。

 

傾き

数値を変更すると、カメラが回転します。
数値は-360~360の範囲で設定できます。

 

深度ぼけ

数値は0~10まで指定できます。
数値が大きければ大きいほど素材がぼけます。


手前と奥にある素材がぼけます。

 

視野角

カメラの見える範囲を設定します。

数値は1~90まで設定でき、値が大きいと、カメラから見える範囲も広くなります。

 

Zバッファ/シャドウマップを有効にする

初期状態ではこの項目にチェックが入っています。


どういうものかというと、Z座標によってカメラから見える素材の順序を決めるものです。

チェックが入っていればZ座標の値の小さい方が手前に来ます。
(Z座標が三角形の方が小さいので、三角形が小さく見えていますが、今回は丸と三角形の大きさは同じです。)


チェックが入っていなければレイヤの下のものが手前に来ます。


以上でカメラ制御の解説は終了です。

とてもややこしいですが、修得すればかなり面白い作品が出来上がると思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました