Audacity-Delayでerror: unbound function – MULTICHAN-EXPANDと出る原因と対処法

音声編集ソフト Audacity

今回はAudacityのDelayを使った際に「error: unbound function – MULTICHAN-EXPAND」というエラーが出る原因と対処法を紹介します。

「Delayの実行もできなければプレビューもできない」そんな方がたどり着いた記事が、この記事だと思います。

今回はそのエラーの原因と対処法を解説します。

最後にもDelayの詳しいかけ方の記事のリンクもありますが、一足先にDelayのかけ方を知りたい方は下の記事を参照してください。

AudacityーDelayの使い方




エラーが出る原因

皆さんはAudacityをインストールする際、任意の場所にAudacityをインストールすると思います。

最初はインストールした場所に置いておいても気にかからなかったとしても、後になって違う場所に置いた方が使いやすいということに気づくこともあります。

その際、「Audacity」のフォルダをコピー&ペースト、もしくはドラッグ(移動)させますよね。

エラーが出る原因はこの行為です。

移す際に何かのファイルが破損するのです。
そのため「error: unbound function – MULTICHAN-EXPAND」というエラーが出ます。

このエラーが出るとDelayの実行もプレビューもできません。
「元の音と何も変わらない」という現象が起こります。

 

「error: unbound function – MULTICHAN-EXPAND」というエラーが出てしまう方は、またAudacityをインストールし直すしかありません。

そしてインストールしたらその場所からフォルダを動かさない。
これしかありません。

現在Audacityの最新版は2.2.2です。
以前インストールして以来、バージョンアップしていない、そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この際にバージョンアップしましょう。



最新版Audacity 2.2.2のインスト―ル方法

Audacityの公式ページはこちら↓

Home
Welcome to Audacity Audacity® is free, open source, cross-platform audio software for multi-track recording and editing. Audacity is available for Windows®, ...


このページの「DOWNLAD AUDACITY」をクリックしてください。
インストーラーのダウンロードが始まります。


ダウンロードが終わったら、ダウンロードした「audacity-win-2.2.2.exe」を起動します。


ファイル実行の警告が出ることがありますが、「はい」や「実行」をクリックしてください。

すると、「セットアップに使用する言語の選択」というウィンドウが出ます。
任意の言語を選択して、「OK」をクリックしてください。


次に下の図のようなウィンドウが出ます。
続けて「次へ」をクリックしてください。


そうしたら「インストール先の指定」のウィンドウが出ます。
ここで「参照」をクリックして間違えずにインストール先を選択してください。


次に「追加タスクの選択」というウィンドウが出ます。
任意でチェックボックスにチェックを入れて、「次へ」をクリックしてください。


これでインストールの準備は完了です。
「インストール」をクリックしてください。
インストールが始まります。


次に「情報」のウィンドウが出ます。
「次へ」をクリックしてください。


これでAudacityのインストールは完了です。


以上で「error: unbound function – MULTICHAN-EXPAND」というエラーが出る原因と対処法の解説を終わります。
Delayの詳しいかけ方はこちらの記事を参照してください。

AudacityーDelayの使い方


私はDelayの記事を書く際、このエラーのせいでかなりの時間を無駄にしました。

「何をやっても解決しない!」「デバッグをコピーして検索しても英語の記事しか出てこない!」「もしかしてみんなこんなエラー出ないの?!」と思っていました。

試行錯誤した結果、「Audacityのフォルダを移動させることが原因だ」ということに気づきました。

この記事が皆さんのお役に少しでも立てたら幸いです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました