オススメのツール

未分類

今回は私が普段使っている編集ソフトを紹介します。

全てフリーソフトです。

このサイトで紹介しているソフトばかりですが、動画編集や音声を受注する人間として「必ずしも有料のモノを使わないといけないわけではないんだよ」ということを伝えたくてこの記事を作りました。

実際に私も動画編集や音声収録を受注していますが、すべてこのページで紹介しているフリーソフトで編集しています。

有料のソフトにも引けを取らないフリーソフトばかりですので、どのソフトを使うか迷っている方は参考にしてみてください。

動画

AviUtl

動画を製作するフリーソフト

拡張編集のプラグイン(タイムライン)は必須。
初期段階では1つの本体ウィンドウしかありません。

そのため拡張編集プラグインを導入して、動画に使う素材を並べたりするタイムライン、素材を自由自在に変形したり色を変えたりすることができるウィンドウ、現在どのような動画に仕上がっているのか確認する再生ウィンドウを使えるようにします。

拡張編集プラグインを導入して、各ウィンドウを自分のやりやすい配置にします。

私の場合はこのような配置です。

このソフトの醍醐味は、好みのエフェクト(例えばキラキラさせたり)のプラグインを自分で探して、自分だけのAviUtlを作ることができる点です。

有志によって作られたエフェクトがたくさんあるので、どんなエフェクトがあるのか探すだけでも楽しいです。

ダウンロードはこちらから↓
AviUtlのお部屋 (http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/)

 

音声

Audacity

 

複数のトラック(マルチトラック)を使えるフリーの音声編集ソフトです。

複数のトラックが使えるということは、ナレーションや朗読を録音して編集するだけでなく、ミックスもできます。

 

例えば

  • 歌を収録した後に編集して、カラオケ音源とミックスする
  • 朗読を収録した後に編集して、BGMをつけられる

加えてフェードインなどのエフェクトがデフォルトで用意されているので、編集もしやすいです。

複数のトラックを同時に編集できるということは、歌を収録したり朗読を収録したりする際は、タイムラインにある素材を聞きながら収録ができます。

つまり、Audacity以外に音楽再生ソフトなどで音楽を聴きながら収録するのではなく、Audacityに始めからBGMやカラオケ音源を入れておけば、それを聞きながら声を収録することができるということです。

これがSoundEngine(1つのトラックしか編集できないーシングルトラック)との大きな違いで、私がAudacityをお勧めする理由です。

 

ダウンロードはこちらからできます。
Audacity (https://www.audacityteam.org/)

 

画像

GIMP

画像を本格的に加工できるフリーソフトです。個人的には、AdobeIllustratorやAdobePhotoshopに劣らないと感じます。(むしろ慣れるとGIMPの方が使いやすい)

例えばこんなことができます。

  • 切り抜き
  • 文字入れ
  • 顔の輪郭を変えて痩せて見えるようにする
  • 背景を透過させるてほしい素材を取り出す
  • 写真に写りこんでしまったものを消す

そのほか画像の大きさを変えるなど基本的な加工から、gifというアニメーションまで作れます。

正直「これが無料で使えるの?!」と驚きます。

操作性はやはり有料のAdobeの方が簡単ですが、GIMPの解説ページを読めば誰でも操作できるようになります。

Adobeにも引けを取らない画像の加工フリーソフトはGIMPしかないのではないかなぁと思います。

ダウンロードはこちらからできます。
GIMP (https://www.gimp.org/)

 

PhotoScape

これは画像を加工するフリーソフトです。

GIMPのように万能ではないのですが簡単な加工はPhotoScapeでやった方が早いです。

例えば

  • 文字を入れる
  • 切り抜きをする
  • モザイクを入れる
  • 画像の大きさを変える
  • 画像を並べてコラージュを作る
  • 画像の色味や明るさを変える

実はAviUtlの編集画面もPhotoScapeの加工画面もPhotoScapeで作りました。

このブログのサムネイルもPhotoScapeで作っています。

ソフトの立ち上がりも早く動作も軽いので、手っ取り早く画像を加工したいときに使うのがオススメなフリーソフトです。

ダウンロードはこちらからできます。
PhotoScape(http://www.photoscape.org/ps/main/index.php)

コメント

タイトルとURLをコピーしました